【麦焼酎】 産声

ぶんご銘醸蔵元6代目の誕生を記念して商品化された「杜谷 華むぎ」の原酒「産声」。

「産声」は、創業明治43年、大分県佐伯市直川にある老舗の酒蔵”ぶんご銘醸”のなでしこ酵母を使用して造られた人気焼酎「杜谷 華むぎ」の原酒。2014年に、蔵元の6代目誕生を記念して商品化された特別な焼酎です。毎年その年の一番最初に蒸留する「杜谷 華むぎ」の原酒を瓶詰めした数量限定商品です。蒸留とは焼酎にとって命が吹き込まれる、まさに”産声”をあげた瞬間なのです。

ぶんご銘醸
「明治43年10月」狩生梅五郎が本匠村にて酒類製造業 狩生酒造場を設立。
「平成13年10月」有限会社狩生酒造場からぶんご銘醸株式会社に組織変更。

商品情報​
 

原材料名:大麦・麦麹
度数:41度
容量:720ml
保存方法:直射日光、高温を避けて保存してください。
 

ご注意ください​
 

●これはお酒です。お客様が20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売ができません。
お手数ですが、下の<カートに入れる>から<お支払いへ進む>にお進みいただいた後、「年齢確認」欄にチェックを入れてください。

●妊婦中・授乳中の飲酒にはお気を付けください。
 

価格 ¥3,300(税込)

「杜谷 華むぎ」は、酵母に撫子(なでしこ)の花から生まれた花酵母を使用しており、花の酵母が醸しだす可憐で甘い香りが特徴の麦焼酎です。
花酵母とは、東京農業大学短期大学部醸造学科酒類研究室の中田久保教授が、世界で初めて花の蜜から採取した野生の酵母菌のこと。花酵母は、それぞれの花由来の香りをもたらしますが、ぶんご銘醸で使用しているものは、上品で華やかな香りをもつ撫子(なでしこ)の花酵母。

その花酵母は麹が作り出す酸に対して抵抗力が弱い為、発酵力が弱く、焼酎造りに用いるには難しいともいわれています。その中で、香りが逃げない様に低温でゆっくりと発酵させ、花酵母の持ち味を最大限に引き立たせるよう時間を掛けて仕込むなど、ぶんご銘醸の匠の技と発酵の工夫により試行錯誤の上完成させた焼酎なのです。撫子の花がもつ軽やかな香りと、上品で華やかな味わいを実現させています。

仕込水は、九州屈指の清流「番匠川」源流の伏流水を使用、原料となる麦は、日本酒の大吟醸酒と同じように雑味を取り除くため50%まで精白するこだわりぶりです。


「杜谷 華むぎ」は、ANA国際線ビジネスクラスで提供される麦焼酎に11年連続で採用、政府要人の輸送等に使用される政府専用機で提供される唯一の焼酎としても採用されています。

そんな「杜谷 華むぎ」の原酒である「産声」は、新酒とは思えない驚くほどきめ細やかな味わいと、なでしこ酵母特有の香りが華やかで上品な甘みがあります。度数は41度と高いですがそうと思えないまろやかさがあります。


ソーダ割もおすすめです。


その年のありのままの”産声”を是非ご賞味ください。
人生の新たな門出やお子様が生まれた時などのお祝い時の贈り物に最適です。
価格 ¥3,300(税込)