【産直・送料無料】料亭山田屋ふぐ刺し・ちり鍋セット(2人前)

創業百余年の老舗料亭「山田屋」の味をご家庭で楽しめる宅配ふぐセット(ふぐ刺し・ふぐちり)です。
明治38年創業。昭和初期に二代目に代替わりし、現在につながるふぐ料理を中心とした日本料理の店として礎を築き、その後、歴史と味を三代目が引き継ぎ、大分臼杵本店・大分都町店・東京西麻布店・東京丸の内店など大分・臼杵ふぐの魅力を伝えています。
※写真は3人前のイメージです。
 
 

商品情報

ふぐ刺し110g、ふぐちり150g、ぽん酢250ml、だし昆布1~2枚、薬味2種、ひれ酒用ヒレ2枚

消費期限:出荷日より冷蔵保存で3日
アレルギー:小麦・大豆
※なまものですので、お届け日は必ず指定してご注文下さい。
※商品は鮮度がいい状態で召し上がって頂きたいため、到着当日にお召し上がり下さい。



注意事項:消費期限が短く、鮮度がいい状態で召し上がっていただきたいことから、お届け指定日は"お召し上がる予定の日"をお選びください。贈り物としてご利用される場合は【必ず】お受け取り可能な日をご指定ください。なお、休業日等の都合により、お届け指定日の変更をお願いする場合がございます。
価格 ¥26,000(税込)

Our Stroty ものづくりの裏側をたずねて


山田屋は、明治38年(1905年)初代、山田浅吉、トラ夫婦により「うおんたな」(現在の大分県臼杵市浜町)で創業しました。昭和初期に入り代替わりした二代目が現在につながる、ふぐ料理を中心とした日本料理の店としてその礎を築きました。その歴史と味を三代目が引き継ぎ、さらに大分都町店、東京西麻布店、東京丸の内店においても臼杵ふぐの素晴らしさを伝えています。
【うおんたな】当時、魚屋さんが集まった市場のような界隈を「うおんたな(魚ん店)」と呼んでいたそうです。
【写真説明】写真は昭和初期の山田屋。従業員総出で現在の庭を手造りしている風景です。写真にある樹は現存する「貝塚伊吹」です。



創業百余年を迎え、先人の教えを守りながら、いつの時代も変わらず、「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちを持ち続けることが山田屋の使命と考えています。


山田屋 東京西麻布店は10年連続東京ミシュランで星を獲得しています。


創業百余年を誇る、老舗料亭山田屋の代々伝わるこだわりのふぐ料理を、是非ご賞味ください。