【中臣一・作】 茶杓 (白)「月のうさぎ」

世界的に活躍する竹作家が手掛けた茶杓。ウサギの耳をイメージした櫂先や竹を使った詰筒が美しい

中臣 一…大阪生まれ、大分県竹田市在住。早稲田大学卒業後、大分県立竹工芸訓練センターを経て、本田聖流氏に師事。伝統的な技法や形にとらわれず、独創的な竹の造形表現に取り組んでいる。
2006年アメリカのボストン美術館での作品発表後、ニューヨーク、ロンドン、パリなど世界各地の美術館やギャラリーで作品発表を重ねる。元サッカー日本代表中田英寿氏主催の「REVALUE NIPPON PROJECT」では、中田氏の依頼でバンブーシャンデリア「Infinite Shadow」を作成し話題に。
フィラデルフィア美術館、サンフランシスコ・アジア美術館等世界各地の美術館に作品が展示され、リッツカールトン東京やANAインターコンチネンタルホテル別府、大阪国際空港等のアートワークも手掛ける日本を代表する若手竹作家。

作者コンセプト…「真竹の表皮は月の様な黄金色。櫂先はうさぎの耳のように丸く節裏もまた柔らかい曲線を描いています」

商品情報

●サイズ:長さ幅185mm × 幅10mm × 高さ20mm
●原材料:大分県産真竹

ご注意ください

●手作りのため大きさや色合い等に個体差がありますので、予めご了承頂けますようお願い致します。
●本商品は在庫限りの一点ものです。
●本商品は「ONE KYUSHUミュージアム(福岡市博多)」展示会出品作品ですので、お届け時期は展示会終了後(10月末頃)の予定です。

 
価格 ¥55,000(税込)