【小鹿田焼/坂本工窯】 急須(うす茶)

まず目を引くのはその愛らしいカタチ。そして薄茶色の釉薬の景色も相まって、日々食卓の上で存在感を発揮する急須です。

この度Oita Madeは、博多大名「ONE KYUSHUミュージアム」プロジェクトにて大分の名産品をプロデュースするにあたり、小鹿田焼と竹細工をセレクトしました。大分県北部の日田小鹿田皿山で300年間、一子相伝でその奥義が受け継がれてきた小鹿田焼。1931年に民芸の大家柳宗悦が訪れ絶賛した後、1954年にはイギリス人バーナード・リーチが訪れたことでも知られる、日本を代表する民芸窯です。今回は9家ある窯の中でも組合長を務める坂本工氏と創父子の作品をラインナップしました。国重要無形文化財の中でも特に入手する機会の少ない坂本工窯の作品の素晴らしさを、実際にお使い頂き是非ご体験下さい。

商品情報

●サイズ:Φ100x110mm
(持ち手込み160mm)

ご注意ください

●手作りのため大きさや色合い等に個体差がありますので、予めご了承頂けますようお願い致します。
価格 ¥5,500(税込)