NEWS

【大分旅絵】第5回:宇佐市『宇佐神宮境内図』の展示が始まりました

 

昨年の夏からスタートした、大分県内の18市町村の風景を描いていく企画『大分旅絵』の第5回目の展示が始まりました。

『大分旅絵』の詳細ついてはこちら→

 

今回は、宇佐市にある『宇佐神宮』がテーマ。全国に4万を超える八幡宮の総本宮です。小野さんが初めて訪れたのは5年前、広島から国東に移住して間もない頃に遷宮の儀式を見学した時。小野さんにとって非常に思い出深い場所です。誰もが知る宇佐神宮を、皆さんもあらためて訪ねてみませんか。

 

 

〈小野さんの旅絵 紀行文〉

今回は宇佐市。絵の左上に書いてあるようにモチーフは宇佐神宮である。

宇佐に何がありますか?と問えばほとんどの人が宇佐神宮と答えるのではないだろうか。

全国に4万を超える八幡宮の総本宮なのだから大分の観光といば宇佐神宮といっても過言ではないだろう。 大分旅絵で第1作目『赤レンガ館』から始まって今回が5作目であるが、何となく有名過ぎるモチーフは避けて、珍しさや再発見的なモチーフを選んできた。 今回は一転して、誰もが知る宇佐神宮を選ばせてもらった。

 

実はこの図案はもう3年前に考えだしたもので、今回のために起こしたものではない。 それどころかポストカードにして僕のオンラインショップで販売しており、使い回しじゃないか!と言われればその通りである。 一つ言わせてもらえるならば図案として考えはしたが実際に型を彫り染めていなかったので良い機会が巡ってきたと思い、たちまち作品として染め上げた次第である。 しかしながら、図案が使い回しだったとしてもやはり染めて良かった。個人的にこの図案は気に入っていたので非常に満足している。

 

僕が宇佐神宮を初めて訪れたのは5年前、広島から国東に移住して間もない時だった。 74年ぶりの遷宮が行われるらしく、儀式のある夜に家族で見物に出かけた。 すっかり日が暮れ闇の中だったこともあり、辺りは非常に重々しく厳かな空気に包まれていたのを覚えている。 初めての宇佐神宮にして、幸運にも目にすることが出来た遷宮は、とても神秘的で威厳があって、どこか恐ろしくもあって何とも例えようがない。

 

引っ越したばかりの新人に、これが国東半島なのだと強烈な何かを見せられたようであった。 ああ、僕らはここに越してきたのだ、ここで暮らしていくのだと何か腹が決まったような不思議な気持ちで遷宮を眺めていたように思う。

 

冒頭からの軽い書き出しから急に重々しい展開になってしまったが、思い返してみれば非常に思い出深い場所なのである。

 

この『宇佐神宮境内図』を見返すたびに、移住当初の初々しい気持ちが蘇り、初心忘るべからずと宇佐神宮のカミサマに問いかけられているようだ。

 

2020年2月

 

これまで描かれた旅絵も是非ご覧ください。

第1回目:大分市『赤レンガ館』

第2回目:玖珠町『伐株山』

第3回目:佐伯市『雨の進水式』

第4回目:津久見市『追憶の工場群』

 

〈インスタグラムで情報発信しています〉

公式インスタグラムで小野さんによる旅の様子や絵画制作などを発信していきます。ぜひフォローしてみてください!→@oita_tabie