NEWS

素朴でありながらモダン 小鹿田焼(おんたやき)の店頭販売をはじめました。

小鹿田焼(おんたやき)の陶工・坂本 創さんの器をOita Made Shop赤レンガ本店にて販売開始しました。

大分県日田市小鹿田は「民芸の聖地」とされ小鹿田焼の工芸技術・陶芸は「重要無形文化財」に指定されています。江戸時代から現代まで約300年の長きにわたり、家族で窯を守っています。現在は9軒の窯元が山あいで、器をつくられています。

 

小鹿田焼の歴史は、文禄・慶長の役後、九州に渡来した朝鮮半島出身の陶工による陶技が、福岡県小石原を経て大分県小鹿田皿山に導入され定着した事が始まりと考えられ、開窯は1705年と伝えられています。1931年に民芸運動の指導者柳宗悦の来山により、その伝統的技法と質素・雄勁な作調が賞揚され、1970年には国の「重要無形文化財」に指定されました。

 

 

坂本 創さんは1990年日田市小鹿田出身。幼少の頃から土に触れ合い、佐賀県有田工業高等学校卒業後、クラフト館・岩井窯の山本教行さんに師事。2010年に父の工(たくみ)さんの窯元に入り、現在、小鹿田焼の坂本工窯に陶工として従事しています。

 

2018年には、レクサスブランドが小山薫堂氏他をディレクターとして次代を担う若手の匠を発掘・サポートする「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」で大分県から選出されました。

「小鹿田焼でありながら、ひと目で私の作品と判る作品作りをこころがけています」という小鹿田焼の伝統をベースにしながらも、見るものに迫ってくる力強さを内に秘めており、日本の民芸焼の将来を担うひとりです。

 

こうした背景でつくられた、大分では手に取る機会の少ない創さんの作品を、ぜひ店頭にてお手にお取りください。